​光触媒について

​光触媒とは?

​光触媒とは、光が当たることでその表面に接触している有機物(菌やウイルス、

花粉など)を炭酸ガスと水まで分解することができる環境浄化材料です。

​光触媒の中でも群を抜いて高い性能を発揮するのが酸化チタンです。

​光触媒の仕組み

光を当てる

​ 一般的な光触媒(酸化チタン)は、太陽光やブラックライトに含まれる紫外線を当てると、表面から電子を飛び出ます。

電子が抜けた箇所には正孔(ホール)と呼ばれるプラスの電荷を帯びた穴ができます。

「スーパーオキサイドアニオン」と「ヒドロキシラジカル」の発生

 酸化チタンから飛び出た電子は、空気中の酸素と結びつき、「スーパーオキサイドアニオン」となります。

 一方で電子が抜けた正孔は、空気中の水分から電子を奪い、空いていた穴を元どおりにします。その時に電子を奪われた空気中の水分は「ヒドロキシラジカル」となります。

 

 

 

 

有機物の分解

「スーパーオキサイドアニオン」と「ヒドロキシラジカル」は共に強い酸化力を持っており、近くにある有機物から電子を奪い、電子を奪われた有機物は結合を切られ、最終的には炭酸ガスと水まで分解されます。(正孔も穴が埋まるまでは強力な酸化力で有機物を分解します。)

菌やウイルス、ニオイの元となる分子、汚れなども有機物なので分解されます。

  • Twitterの社会のアイコン